亡くなった親の相続手続き
考えただけでも憂鬱ですよね。
戸籍や印鑑証明、要規模謄本や不動産なら固定資産評価証明も必要
さらには遺産をどう分けるかを話し合ったことを証明する遺産分割協議書
相続税の申告ならいろいろ勉強しなければならないこともたくさんあります。

でも、
相続する遺産も少ない。
※軽減措置を適用すれば相続税がゼロになる
相続人も少ない
遺産分割の話し合いがまとまっている
ならば自分で相続手続きにトライしてみるのもいいかもしれません。

相続の手続きは
行政書士(主に故人名義の預金や自動車などの相続手続き)
司法書士(主に不動産などの相続登記)
税理士(相続税の申告)
などの専門家に依頼するとそれなりの費用もかかります。

でも、「素人の自分に相続手続きなんてできるの?」という質問には
「YES]とも答えられますし「NO]とも答えなければなりません。
なぜなら、相続の手続きって面倒くさいことがたくさんあるのです。

これを読んで
相続手続きを自分でやる?
面倒くさいから費用がかかっても相続手続きの専門家に任せる?
かのを判断材料にしてみてください。

相続手続きは素人の自分でもできるの?

相続手続きは素人の自分でもできるの?

結論からいえば相続の手続きは素人の方でもできます。
ですので、自分で相続手続きをされる方も少なくありません。
ただ、それは
相続する遺産が少ない
相続人が少ない
遺産の分け方がきっちろとまとまっている
という方だけにおすすめします。

なぜなら
相続財産調査(借金・不動産・有価証券・預金口座など)はかなり大変
相続手続きは相続人全員の了承が条件(ひとりでも反対ならNG)
相続税は軽減措置など少し専門知識が必要
だからです。

自分で相続手続きをするなら、まずは戸籍を集めよう

自分で相続手続きをするなら、まずは戸籍を集めよう

どの相続鉄d機でもまず必要になるのがみんなの戸籍謄本が必要になります。
特に亡くなった親(被相続人)の場合は【出生から亡くなるまで】の連続したものがすべて必要になります、。
相続手続きを自分でやる場合、最初の障害になることがあるのもこの戸籍の取り寄せです。

親が本籍地を変更している
親の本籍地が遠方にある
親が離婚、再婚をしている
親も自分の相続鉄d気をしていなかったので祖父母の相続手続きから始めなければならない
という場合、戸籍を集めるのはちょっと、いやかなり大変だからです。

詳しい戸籍の取り寄せ方はことらを参考にしてください。

亡くなった親名義の土地や建物など不動産の相続登記を自分でやる

相続登記を自分でやる

相続税はほとんどの方は無関係です。
相続税がかかるお金持ちって全体の7%程度と言われています。
でも、この相続登記は多くの方が必要なものなんです。

大きい?小さい?関係なくなにかしらの不動産を持っている親は少なくありません、
私たち不動産屋が一番困るのがこの「相続登記」なんです。
不動産の登記名義を変えるのが相続登記なのですが、これには「いつまでに」という期限はありません。
そのせいか相続登記をずっと放置している方がどれだけ多いことか・・・(汗)

この相続登記の放置はいつか時限爆弾のように次世代に大迷惑をかけることになります。
土地や建物など不動産の相続手続きは相続登記が完了するまで終わりません。
そして、
「売却」
「建て替え」
「融資」(抵当権設定)

なにかをしようとした時に相続登記が終わっていないと何もできないのです。

特に数十年も前の相続の話をまとめあげることがどれだけ難しいか?

これはたくさんの相続のもめごとを経験してきた相続専門不動産屋の私は痛感しています。
十年以上放置された相続の話し合いって従兄弟同士で話し合わなければならないのです。
そして法律上はみんな同じ相続権をもっているのです。

今までの事情や経緯はわかりますが相続登記を放置してきたあなたにも責任があります。
いくら理不尽でも法律的にはむこうが正しい?という場合も多いのです。

ですからこんな主張は通りません。
「亡くなった親が自分が相続したと言っていたのに?」
「何十年も住んできたのに?」
「固定資産税はずっとうちだけで払ってきたのにぃ?」
それと遺産分あkつをどうするか?は別物とお考え下さい。

ですので相続登記はできるだけ早めに終わらせておいてくださいね。

詳しい「自分でやる相続登記」はこちらの記事も参考にしてください。

相続税申告を自分でやる

相続税申告を自分でやる

相続税申告を自分でやるかなりハードルは高くなりますが
相続する遺産は少ない
配偶者控除や小規模宅地を使えば相続税はゼロになる
ような方ならトライしてみる価値はあると思います。

意外と相続税申告は難しくはありません。
また、相続登記を違って相続税申告の税理士費用は結構高額になります。
相続税が百万円以下なのに税理士には同じくらい支払う?
というのはちょっともったいないですからね

相続税申告を自分でやるなら今すぐ着手してください

相続税申告を自分でやるなら今すぐ

相続税申告は期限が決まっています。
相続税申告は相続発生後10か月以内です。
期限を過ぎると小規模宅地や配偶者控除などの相続税の軽減措置が受けられなくなる可能性もあります。

もちろん相続税申告にはすべての遺産の洗い出しが必要です。
これが意外と大変なんです。
もし、遺産の調査が不十分で漏れがあったら大変です。

また遺産の分け方でも相続税は変わってきます。
例:小規模宅地の特例
さらに近いうちに起こる次の相続(二次相続)のこともトータルで考えないといけません。
例:とりあえず母親名義にすべてしたことで次の相続で相続税が増えてしまうこともある。

ですので、相続税と遺産分割のやり方も同時に考えていくには十分な時間も必要なのです。

最近はこんな新しいサービスもあります。

\自分で簡単に相続税申告書を作成をお手伝い!まずは申告の難易度をWEB診断/
自分で相続税申告書作成したい方をサポートする『better相続』の公式ホームページ

相続税申告を自分でやることに関心がるならこちらの記事もご参考にしてください。