相続 申告 自分で

「相続税を自分で申告したい」
そう考えるのはどんな人でしょうか?
おそらくこんな方なら相続是の申告を自分でしたいと考えるかもしれません。
そもそも相続税の税額自体がたかが知れている
特例や軽減措置を使えば相続税がゼロになる(小規模宅地・配偶者控除)
相続する遺産もさほど複雑ではない。

そんな方なら相続税申告を自分でやることにチャレンジしてもいいと思います。
でも、相続税の申告を自分でするには少々ハードルが高いのは覚悟しておいてください。

最近では自分で相続税申告をする方を低価格で税理士がサポートする新しいサービスも登場しています。ご興味のある方はぜひ最後までご拝読ください。

相続税の申告を自分でやる場合の手順と流れ

相続税の申告を自分でやる場合の手順と流れ

まずは相続税の申告手続きを自分で行う場合の手順と流れを知っておきましょう。

①管轄税務署で相続税申告に必要な書類や手続きの流れの概略を確認
②相続税の申告に必要な書類を揃える
③相続財産の評価を行う
④遺産分割協議、相続税申告書の作成
⑤税務署に申告書を提出し、納税する

①管轄税務署で相続税申告に必要な書類や手続きの流れの概略を確認

管轄税務署で相続税申告に必要な書類や手続きの流れを確認

まずは管轄税務署で相続税申告に必要な書類や手続きの流れの概略を確認しましょう。
管轄税務署とは亡くなった親の住んでいる地域を税務署のことです。
ただ、最寄りの税務署でも必要な申告書の雛形や申告の手引きが入手することができます。
相続税申告の手引きには
相続税申告に必要な書類の種類
相続税額計算方法
などが記載されています。
それにしたがって相続税申告の必要書類を集め、相続税の計算をしていきましょう。

ただし、いかんせん素人には少々わかりにくい書き方にもなっています。
少なくとも相続税の入門書数冊程度は読破しておくことをおすすめします。

② 相続税申告に必要な書類を揃える

相続税申告に必要な書類

相続税申告にはさまざまな必要書類を揃えなければなりません。
主なものは以下の通りです。

戸籍
入手先:市区町村
ただし亡くなった方は出生から亡くなるまでのすべての戸籍
残高証明
入手先:銀行・郵便局
亡くなった日の銀行預金残高を証明する書類
ただし申請用紙は各銀行ごとに書式が異なる。
相続人の証明が必要(戸籍謄本など)
路線価
入手先」国税庁ホームページ
不動産の土地の相続税評価に利用。
登記全部事項証明書
公図
地積測量など
入手先:法務局
インターネットからでも請求できるが地番や家屋番号がわかっていないとだめ。
管轄法務局の窓口までいけば教えてくれる。
固定資産税評価証明書
入手先:市区町村役場
建物の相続税評価は固定資産評価額になる。
生命保険
入手先:生命保険会社
税法上は生命保険金も相続財産であることに注意。
ただし控除額がある(法定相続人の数 × 500万)
葬儀費用
入手先:葬儀会社
その他の遺産の評価がわかる書類
ゴルフ会員権
美実品や骨董品

この他にも相続する遺産の評価のために必要な書類が必要なこともあります。

③ 相続する遺産の相続税評価を算出する

相続する遺産の相続税評価を算出

現金や借金などはそのままの金額が相続税評価額tになりますが、土地や建物などの不動産や株式などは相続税の申告では独自の評価方法で遺産の額を算出します。
このあたりが一番相続税申告を自分でやるのにハードルが高い部分でもありあmす。

詳しくは国税庁のホームページを確認してください。
国税証財産評価

④相続人で遺産分割の協議を行い、自分で相続税申告書の作成する。

自分で相続税申告書の作成

相続税の計算はまず法定相続割合で相続したもの仮定して、その各自の遺産に該当する税額を算出します。
その合計が相続税額になります。
それを相続人で遺産分割の仕方を話し合って決め、各自がその相続する遺産の全体からの割合に応じた部分が相続税になります。

⑤税務署に申告書を提出し、納税する

税務署に申告書を提出し、納税する

自分で作成した相続税申告書と必要書類をまとめて管轄税務署に提出します。
提出する管轄税務署とは、亡くなった人が最後に住んでいた地域を管轄する税務署です。
同時に相続税納税も済ませます。
税務署で納税することもできますし、納付書をもらって金融機関で納税することもできます。

こう聞くと『相続税の申告なんて自分で出来るじゃん!』
そう考えるかもしれませんね。
でも相続税の申告を自分でするのは結構大変なのです。

相続税を自分でやる場合の問題点

相続税を自分でやる場合の問題点

相続税の申告を自分でやる場合にはさまざまなハードルが待ち構えています。

相続税申告に必要な書類の収集が大変である

相続税申告に必要な書類は各相続ごとに異なります。
主なものはの通りですが、相続する遺産の種類によってはさらに追加書類が必要なこともあります。

戸籍
入手先:市区町村
ただし亡くなった方は出生から亡くなるまでのすべての戸籍
残高証明
入手先:銀行・郵便局
亡くなった日の銀行預金残高を証明する書類
ただし申請用紙は各銀行ごとに書式が異なる。
相続人の証明が必要(戸籍謄本など)
路線価
入手先」国税庁ホームページ
不動産の土地の相続税評価に利用。
登記全部事項証明書
公図
地積測量など
入手先:法務局
インターネットからでも請求できるが地番や家屋番号がわかっていないとだめ。
管轄法務局の窓口までいけば教えてくれる。
固定資産税評価証明書
入手先:市区町村役場
建物の相続税評価は固定資産評価額になる。
生命保険
入手先:生命保険会社
税法上は生命保険金も相続財産であることに注意。
ただし控除額がある(法定相続人の数 × 500万)
葬儀費用
入手先:葬儀会社
その他の遺産の評価がわかる書類
ゴルフ会員権
美実品や骨董品

これらは原則的に平日の昼間に市区町村や管轄行政部署まで出向いて収集しなければなりものも多いのです。
しかも、それらを収集する時の手続きも煩わしいものもあります。
例えば銀行に故人の預金の残高証明書を請求する場合は銀行に戸籍謄本などを添付して申請しなければなりません。
ひとつかふたつの銀行ならばよいのですが、亡くなった親がたくさん銀行口座を持ていたらかなり大変です。

相続税申告には専門知識も必要である

いくら税務署で相続税申告の手引きを熟読しても、それで「相続税申告を自分でできるか?」と言われれば疑問があります。
なぜなら相続税申告ではある程度の専門知識は必須だからです。

相続税には相続税を大幅に軽減させる措置や特例もあります。

例:「小規模宅地の特例」「配偶者特別控除」など
しかし、これらの適用にはさまざまな適用要件があり、自分勝手な解釈で行ってはいけません。

相続税の税額の基本は遺産の評価額から算出します。

この相続税における遺産の評価額のやり方次第で相続税は大きく変わります。
そして、これが一番の相続税節税の根幹でもあります。
例えば土地などは路線価での評価が一般的ですが
形状によって奥行補正や間口狭小補正が適用される。
大きさによって広大地評価
利用形態によって借家建付地評価額
この他にもいろいろありますが、このあたりはプロの税理士でも知らないこともあるくらいです。

また株式を保有している場合はその評価のやり方も複雑です。

遺産の分け方でも相続税は変わってきます。

相続税をゼロにするために配偶者特別控除をフルに活用してとりあえず母親に全財産を相続させた場合、その母親が亡くなった時の二次相続ではかえって多額の相続税となりトータルで大幅損ということもあります。

税務調査に入られる確率が高くなる

相続税の申告では後日税務署から税務調査が入ることは珍しくありません。

相続税で必要以上に相続税を支払った過大申告では税務署はなにも言ってきませんが、過少申告ならば税務署は飛んで来ます。
税務署の調査能力を侮ってはいけません。
税務調査の前に事前にすべて把握してから税務署担当職員はやってきます。
もちろん故人やその家族名義のm京義の預金口座やそのお金の流れもきっちり調べています。

もし、悪質な相続税の脱税とみなされると過少申告加算税や重加算税がかかってきます。
本来の相続税以上に大きなペナルティを払うことにもなりかねません。

税理士に相談しながら自分で相続税申告をするという新しいやり方

税理士に頼まないで相談しながら自分で相続税申告

最近の相続で話題になっている新サービスが
税理士が自分で相続税申告をする人をサポートする
というものです。

better相続は相続税申告書の作成ではなく、相続人自身の相続税申告書作成のサポートをするとてもユニークな税理士事務所です。
税理士が相続税申告書を作成するのではなく、相続人自らが相続税申告書を作成するのをサポートするのです。
ですから、
それほど大きな遺産の相続ではない
法定相続人もシンプル
遺産分割の話もまとまっている
小規模宅地の特例や配偶者控除の適用でs皇族税はゼロになる
(相続税がゼロにするためには申告は必要)
というような方にはbeter相続は役に立ちます。

「でも本当にBetter相続に相談しながらなら自分で申告できるのかなぁ?」
そう聞かれたら正直「わかりません?」と答えざるおえない気がします。
なぜなら、相続税申告の作成を最後までやり遂げるかどうか?はあなた次第だからです。



相続税申告にはたくさんの必要書類を集めないといけません。

  1. 被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本等
    (相続開始の日から10日を経過した日以後に作成されたもの)
  2. 相続人全員の戸籍謄本
    (相続開始の日から10日を経過した日以後に作成されたもの)
  3. 遺言書又は遺産分割協議書の写し
  4. 相続人全員の印鑑証明書
    (遺産分割協議書に押印したもの)
  5. 相続時精算課税適用者がいる場合には、被相続人及び相続時精算課税適用者の戸籍の附票の写し
    (相続開始の日以後に作成されたもの)

さらにマイホームなど不動産をお持ちなら以下の書類も必要になります。
(赤色以外は必ずしも必要ではありませんが状況により必要な場合があります)

  • 固定資産税名寄帳又は納税通知書の課税明細書
  • 固定資産税評価明細書
  • 登記事項証明書
  • 不動産賃貸借契約書(賃貸不動産の場合)
  • 農業委員会の耕作証明書(他人の農地を小作している場合)
  • 税務署や国税局に提出した土地の賃貸借に関する次の書類
  • 借地権の使用貸借に関する確認書
  • 借地権者の地位に変更がない旨の届出書
  • 土地の無償返還に関する届出書
  • 当地代の改定方法に関する届出書


    1. もちろんBetter相続に相談しながらなら相続税申告書作成の必要書類をどこで収集できるか?収集のやり方は?はきちんと教えてくれますが、実際に集めるのはあなただからです。
      またいくら親切に教えてくれつとはいってもある程度の専門用語は勉強しなければなりません。
      ですからとりあえず相続税申告の入門書の1冊か2冊は読破しておくべきかと思います。

      ただ、たいていの遺産相続の相続税申告は「難しい」のが問題ではなく面倒くさいことが本当の問題なのです。

      この面倒くさいことを
      「高いお金を払ってでも税理士に頼むか?」
      「面倒くさくても自分でやるか?」
      の違いだけなのです。

      「よし、自分で相続の申告をやるぞ!」
      という方にはbetter相続は心強い味方です。
      プロの専門家に何度でも相談しながら相続税申告書を作成できるからです。
      費用も定額で69,000円です。
      これは通常の相続税申告書作成の税理士報酬と比べるとかなり安上がりになります。

      「でもほんとに自分でできるかなぁ?途中で投げ出さないかなぁ?」
      という不安のある方もいますよね?
      安心してください。
      better相続では「相続税申告ができなければ全額返金保証」なんです。

      詳しくは「better相続」のホームページを確認してみてください。

      \自分で簡単に相続税申告書を作成をお手伝い!まずは申告の難易度をWEB診断/
      自分で相続税申告書作成したい方をサポートする『better相続』の公式ホームページ



      気になるbetter相続の口コミは?

      そこで気になるのはbetter相続の口コミはというと

      税理士さんに高額な料金を払って頼むしかないと思っていたところ、better相続を見つけました。
      自分のパターンにはピッタリで 税理士さんも丁寧にサポートしていただいて無事申告書が作成できました。素人が見ても完璧な申告書ができたと思います、本当にありがとうございました。

      埼玉県60代女性
      専業主婦 S・I様

      税理士さんに相談をしたのですが見積もりが高くなり、お願いするかを悩んでいました。
      最初は、価格が安すぎるため不安だったのですが、提携の税理士さんのサポートが丁寧で、安心して進めることができました。知り合いに相続が発生した時は是非紹介したいです。

      東京都50代女性 専業主婦 G様 東京都50代女性
      専業主婦 Y・G様

      一度、本と無料サービスを使って申告に挑戦したのですが、法律が複雑で挫折しました。
      better相続では分からないところはすべて税理士さんに相談しながら簡単に申告書が作成することができました。 また、税理士さんのご提案で特例を適用でき、税金を大幅に下げることができました。

      埼玉県40代女性 専業主婦 G様 千葉県60代男性
      会社員 O・S様

      スッキリした画面で入力しやすく、税理士さんの返信も非常に早く、自分では何度も手間がかかったと思うとお願いして本当に良かったです。
      こちらからの返答が遅くなったにも関わらず、長期間に渡りご対応していただきありがとうございました。

      埼玉県40代女性 専業主婦 G様 栃木県40代女性
      会社員 N・I様

      システムが最高でした。御社のシステムに入力することにより、自分自身の頭が整理されていき、入力することが楽しくなりました。税理士さんの対応も良く、安心して任せられました。
      また、対応してくださる相続専門の税理士さんが複数いたのも任せる決め手になりました。

      埼玉県40代女性 専業主婦 G様 東京都40代男性
      会社員 I・A様

      メールで相談できる点はありがたかった。また、申告書を送付してみていただき、安心して提出できた。この価格でこうしたサービスを受けられることはコストパフォーマンスが高いと思っている。
      メールで疑問点は相談でき、申告書の添付文書も見てもらったので安心して税務署に提出できた。

      東京都60代男性 会社員 Y・K様 東京都60代男性
      会社員 Y・K様

      ツイッターでもおおむね好評みたいです。

      相続税申告を自分でやるならbetter相続に教えてもらいながら自分で申告する方法も知っておこう

      相続税申告は必ずしも税理士に頼まないでもできる
      それをあなたにも知っておいてもらいたいです。
      ただし、それは簡単な相続に限られます。
      簡単な相続とは
      遺産総額が1千万円~5千万円程度
      遺産の分け方が相続人同士の話し合いがきちんとまとまっている
      特例(配偶者控除・小規模宅地の特例など)を適用すれば相続税はゼロになる
      といえるかもしれません。
      こんな遺産相続ならわざわざ税理士に頼まないで自分で申告するのもいいと思います。
      なぜなら相続税申告の税理士費用は決して安いものではないからです。
      そして、そんな簡単な相続ならば相続税申告書類の作成も意外と簡単だからです。

      でも、税理士に頼まないで自分ひとりで相続税申告の書類作成は
      「果たして自分ひとりでできるかどうか?」
      不安ですよね。
      そんな方には
      税理士に相談しながら自分で相続税申告ができる方法
      もあることを知っておいて欲しいのです。
      これなら
      「よし!税理士に頼まないで自分でやってみよう!」
      というお気持ちにになるかもしれません。

      \自分で簡単に相続税申告書を作成をお手伝い!まずは申告の難易度をWEB診断/
      自分で相続税申告書作成したい方をサポートする『better相続』の公式ホームページ



      better相続69,000円と普通の相続50万円~150ま年の税理士費用の違い

      相続税申告の税理士費用は基本報酬と追加の加算オプションから請求されます。
      まずは相続税申告の基本報酬からみてみましょう。
      税理士事務所によって多少の差異はありますが基本的にはこのような感じの税理士事務所が多いでしょう。

      相続財産の総額 税理士基本報酬の目安
      5,000万円以下 25万円~50万円
      5,000万円~7,000万円 25万円~70万円
      7,000万円~1億円 35万円~100万円
      1億円~3億円 50万円~300万円
      3億円~5億円 150万円~500万円
      5億円~ 相談(要見積もり)

      このように基本報酬は遺産の額によって決まることが多いです。

      さらにこの基本報酬に追加で加算オプション費用を設定している税理士事務所が多いです。

      1. 土地評価加算オプション
        ・1箇所につき5万円程度
      2. 相続人加算オプション
        基本報酬×10%×(相続人の数-1)
        複数の相続人まとめて申告する場合に加算されます。
      3. 非上場株式評価加算オプション
        会社経営をしていた場合はその自社株(非上場)の相続税評価をします。
        約10万円~50万円程度
        テキストが入ります。
      4. その他加算オプション
        ・準確定申告(亡くなった年の確定申告)
        ・延納や物納手続き
        ・納税猶予手続き
        などがあります。

      ケースバイケースで変わりますが、相続税申告の税理士費用は
      遺産5000万円~1億円の相続(相続税がかかるかかからないか?あるいは特例をつかえば相続税が非課税)では50万円~150万円程度が目安ではないでしょうか。

      【bettrer相続】なら税理士に頼まないで自分で相続税申告ができるの?

      そんなに難しくてややこしい遺産相続ではない?
      軽減措置や特例などを使えば相続税はゼロかもしくはたかが知れている?
      そんな方にはぜひとも
      自分で相続税申告をやる
      ことにもチャレンジしてみる価値はあると思います。

      それでもやっぱり誰か専門家に相談したりチェックして欲しいものです。
      そんな方に心強い味方が【better相続】なんです。

      税理士に頼まないで自分で相続税申告をする方のお手伝いをする【bettrer相続】

      \自分で簡単に相続税申告書を作成をお手伝い!まずは申告の難易度をWEB診断/
      自分で相続税申告書作成したい方をサポートする『better相続』の公式ホームページ

      better相続なた自分で相続税申告をする人をサポートする費用はなんと69,000円です。
      前にもお話した相続税申告の税理士費用ですが、通常の相続税申告の税理士費用よりかなり安くすみます。

      相続税申告でわからないことはいつでも!何度でも!質問や相談ができる

      相続税申告なんて普通の方は経験したことなんて無くて当たり前です。
      ですから、必ずわからないことは出てきます。
      そんなことから相続税申告に不安な方も多いでしょう。

      betterr相続さんは以下のセールポイントを謳っています。

      ■ 相続専門税理士に相談し放題
      ■ 相続税申告書のチェック
      ■ 税金がお安くなる節税提案
      ■ 申告書作成サービス「better相続」利用
      ■ 二次相続シミュレーション

      また、基本的にはbetter相続の公式ホームページの相続税申告書もWEBの質問に答えていくだけで作成できます。

      相続税申告ができなければ全額返金保証

      「もしかしたら途中で挫折するかも?」
      税理士に頼まないで相続税の申告をすることを決めてもそんな不安は残ります。
      ですからbetter相続では
      「相続税申告祖が出来なければ全額返金保証をされています。

      できるところまではやった相続税申告の努力は無駄にはならない

      相続税申告を「自分でやる」にしろ「税理士に任せる」にしろあなたが集めたり調べたりする資料や書類は同じです、
      このあたりは相続人自らが役所や法務局などを足を運んで集めたり調べたりしなければなりません。
      ※例:戸籍謄本、登記簿謄本、固定資産評価証明などなど
      ですから、できるところまでやろうとして途中で挫折して諦めた相続税申告のために集めた必要書類や調査した資料は次の税理士に任せる時にとても役に立ち、それは決して無駄にはなりません
      かえって、相談する税理士にとっては非常に助かることになります。

      相続税申告で大変なのは
      遺産分割の話し合いをまとめること
      相続税申告のための遺産の洗い出しや調査
      相続税申告のための公的必要書類の収集
      なんです。
      これが少しでも進んでいれば、それが決して無駄なことではないのです。



      \自分で簡単に相続税申告書を作成をお手伝い!まずは申告の難易度をWEB診断/
      自分で相続税申告書作成したい方をサポートする『better相続』の公式ホームページ